第3章の概要

この章について

この第3章では「汎用的なモジュールを作成するための詳細なポイント」について解説していきます。

例えば前の章で最重要ポイントとして既に説明したことのひとつですが、モジュールの幅を固定してしまうと著しくモジュールの汎用性が低下してしまいます。
モジュールの汎用性を保つことで、コードをシンプルに保つことができ、CSSの管理がしやすくなります。

他にもモジュールの汎用性を保ち、CSSを管理しやすくするためのポイントがあるので、この章で色々なモジュールを作りながら学んでいきましょう。

続きはこちら

とてもやさしいCSS設計チュートリアルの目次へ戻る